チョコレート嚢腫になる原因として考えられているものを3つ紹介します。 ・ストレス ・体質 ・血液循環の悪化 まず、ストレスですが、ストレスが溜まってしまうと、交感神経が乱れてしまいます。 そうすると、ホルモンバランスが崩れてしまうのです。 ホルモンバランスが崩れると、体調が悪くなるだけでなく、チョコレート嚢腫になりやすくなります。 そのため、ストレス社会である現代では、昔よりもチョコレート嚢腫になる女性が増えてきています。 次に、体質ですが、チョコレート嚢腫になりやすい体質、なりにくい体質があるでしょう。 また、家系にチョコレート嚢腫になった方がいる場合には、どうしてもチョコレート嚢腫になりやすい体質になってしまうことがあります。 しかし、家系にチョコレート嚢腫の方がいても、必ずしも自分もチョコレート嚢腫になるとは限りません。 最後に、血液循環の悪化ですが、血液循環が悪化してしまうと、血液がドロドロになりやすくなります。 それに、肉類や脂っこいものを食べ過ぎると、血液がドロドロになってしまうでしょう。 すると、チョコレート嚢腫になりやすくなるのです。 これらがチョコレート嚢腫になる原因だと考えられているのですが、医学的にはチョコレート嚢腫の原因は、はっきりとはわかっていません。